theory

【「触れる」ことの意味を知る】Vo.4 マッサージは心のマッサージ

 

代表 稲垣
代表 稲垣
こんにちは!理論・理屈大好き!のブレインヒールヘッドカレッジ 代表の稲垣です。 

本日は、【「触れる」ことの意味を知る】編の最後ということで、これまで3話に分けて人が人に触れる意味をお伝えしてきました。

施術をする職業である以上…皆さんはこんなことを思ったことは無いですか?

・そもそも「触れる」ことにより人間の体の中で何が起きているのか?
・そもそも、なぜヘッドマッサージするとすぐに寝てしまうのか?
・人の手には見えない何か力があるのか?

普段のお客様を施術させていただき、そんな疑問がふと出てきたことで、単純に「知りたい!」と思い、調べて、そして面白い!と感じたことを今回お伝えしてきました。

お伝えした理由は、それだけではありません。

今後、どんどん【触れ合わなくてもいい社会】になっていくから!

メールやチャットで連絡を取ること。
オンラインで画面越しに会話ができること。

まさに今のコロナ禍で人と人を繋げるためのツールとして生活に欠かせないものになっているのは多くの方が感じているのではないでしょうか?

そして、これがもし10年前に今の様な状況になっていたらもっと社会全体が深刻な状況に陥っていたと思います。

だからこそこれからは、リモートが当たり前になっていき、コロナが終息してもリモートが主体となる社会になっているでしょう。

そして冒頭にお伝えした様に、この社会がますます…【触れ合わない】社会になっていくでしょう。

今回お伝えした様に人間は…

「直接、触れ合うこと」
「直接、感じること」
「直接、聞いて見ること」

…で心を豊かにしていきます。

それが現代は日常生活で少なくなってきたからこそ、わざわざお金を払ってその不足している「触れ合い」「聞くこと」「見ること」「感じること」を「娯楽」としているのです。

だからこそ「施術」というものが、もっともっと日常生活の中で、家庭や職場の中で、必要になっていきます。

今回、3回にわたってお伝えした内容は、世の中のほとんどの人が知らない内容になります。

まだまだ「触れる」ことの重要性というのは…便利さや新しい商品が生まれることに比べたら…取り扱われにくい情報です。

もしこの拙いブログを読んでいるあなたが、ご家族やお客様に「ヘッドマッサージをしてあげたい!」と思い、技術を習ったこと…

そして、施術を1回でも実践したこと…触れたなら、その1回でも物凄い意味があったのだと…。

そして、これからも触れる機会がある方は、その様な効果や影響があることを理解して施術を行なって欲しいと思います。

今回、「触れる」ことをお伝えする上で参考にさせていただきました

セラピストや施術業をされている方に限らず、お子さんのいるママさん…そしてこれからママさんになる方にも、桜美林大学の山口創先生の著書をぜひとも読んでいただきたいです。

※最後にそれぞれの本を紹介しております↓↓↓

この本の中で書かれていた中で一番印象に残った言葉がありますので、それを最後に紹介したいと思います。

【マッサージとは身体に触れるが結果的に心をマッサージしている】

このことは…普段からマッサージや施術をしている方なら、共感できることだと思います。

人は優しく触れらることで、心が開き、自然と笑顔となる…人が人間らしくあるのは、全て「触れ合い」から始まっているのではと…と思います。

会話以上に「触れる」ことを大事にして欲しいと思います。

それでは本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!
本日は以上になります。

 

良かったら「いいね!↓」をお願いします!