technique

【読むだけでスキルアップ】ヘッドマッサージで一番、気持ちが伝わってしまう手技は…?

代表 稲垣
代表 稲垣
本日は… ヘッドマッサージで一番、気持ちが伝わってしまう手技は…?をお伝えしていきます! 

「心地良い…強い圧」を行なった後には…

 

前回、ヘッドマッサージを行う時の単に強くする圧ではなく、「心地良い…強い圧」の入れ方をお伝えしました。

「心地良い…強い圧」を行なった際に、さらに心地良さを感じるものにするために行なってほしいことがあります。

実は、これが本日のテーマである「ヘッドマッサージで一番、気持ちが伝わってしまう手技は…?」の回答になります。

もうお分かりですかね…?

それは…「軽擦」です!
「軽擦」とは字のそのままで、「軽く摩る」手技のこと

当校で受講された生徒さんはお分かりいただけると思いますが、まず施術の最初でも途中でも、そして最後にも行う手技です。

特に前回、お伝した「強い圧」の施術を受けられた直後というは、感覚的に刺激が何となく残っています。

お客様の心理状態も同じで、鎮静モード(ウトウトするような状態)よりも活動モード(目がさえる状態)に近い状態になっています。

そこで大切なことは、その残った刺激を一度リセットすること…感覚的にも精神的にも安心させることです。
赤ちゃんやかわいい動物を見て自然と頭を撫でたくなるような、そんな気持ちで行う手技が「軽擦」です。

そうすることでお客様は、「強い圧」で行った…という満足感と、大切にされているという安心感の両方を感じることができます。

もし「軽擦」をしないのら…「やりっぱなし感」を感じてしまいます。
特に「強い圧」を行った直後に行うからこそ「軽擦」が生きるのです。

だからこそ、【「強い圧」と「軽擦」はセットで行うこと!】

こんな些細な手技1つであったとしても、とても大きな印象を与えます。

もちろん!その「軽擦」を行う時に最も大切なことは…

大切に…大切に…触れること!

いつもお伝えしていますが、頭というのはとても敏感な部位の1つです。
頭の近くには、視覚、聴覚があり、身を守るためのセンサーがアンテナを張っています。

ただ施術をされる時は、目を閉じた状態で行うため、より皮膚感覚が鮮明に冴え、敏感になります。

刺激を受けた後に大切に感じられる「軽擦」を行うからこそ、そのセンサー(心)も鎮静させることができるのです。

 

「軽擦」でセラピストとしての第一印象が決まる

 

代表 稲垣
代表 稲垣
「軽擦」は、セラピストの印象までも一瞬で決めてしまいます! 

大切に「軽擦」を行うことで、セラピストに対するイメージが「この人は大切にしてくれている…」というイメージが生まれます。

もし「軽擦」が大切なものと捉えず、ササっと適当に「軽擦」された時、受け手が感じることは…

「あっこの人、触れ方が荒いなぁ」と、その人のイメージが出来上がります。

仮に、このセラピストが手技が上手だったとしても「あの触れ方が無かったたら、もっといいのに…」という残念な印象で終わってしまいます。

この話は、自分がたくさん色んなリラクゼーションサロンなどに行き、たくさんのセラピストの施術(ヘッドもボディも)を受けてきました。

恐らく何百人単位で…。

だからこそ、言えることは…本当に7〜8割ぐらいが「軽擦」に対して、軽視しているセラピストが多いのが現状です。

実は個人的な話にはなりますが、これまで本当に上手い!すごい!と思ったセラピストは、今まで2人しかいません。

その中で、自分が目指し理想とする施術をした方は、たった1人です。
それぐらい本当に上手な人は少ない!

ただ上手の部類に入る人の共通点は、「触れ方」と「圧の入れ方」が本当に丁寧なんです。手早くやっていても、強い圧を受けても丁寧に感じるです。

そして、「軽擦」をとても頻繁に丁寧に行っていました。

「軽擦」という一番シンプルで簡単そうに思える手技だからこそ、いわゆる【その人の心構えが現れる】一番大切な手技なんです。

なぜなら「人に触れる」という原点の手技だから…。

あなたは今、どんな「軽擦」をしていますか?

このことは以前に【「触れる」ことの意味を知る!】という記事でお伝えしましたが…
ご興味がある方はぜひぜひこちらもご覧ください。

<「触れる」ことの意味を知る!全4話↓↓↓>
※画像をクリック!

それでは本日は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました!

良かったら「いいね!↓」を宜しくお願いします!