おすすめ癒し施術アイテム

【おすすめ癒し施術アイテム】折り畳みベッドでもリクライニングチェアと同じ体感を再現できる方法!

代表 稲垣
代表 稲垣
こんにちは!
ブレインヒールヘッドカレッジ 代表の稲垣です。 

この【おすすめ癒し施術アイテム】の章では、ヘッドマッサージしている方や、ヘッドに限らずボディも含め、施術業をされている時に使える!必須アイテムを紹介していきたいと思います。

折り畳みベッドでもリクライニングチェアと同じ体感を再現できる方法!

ヘッドマッサージ・ドライヘッドスパ をされている方で、折り畳みベッドを使用している方も結構多いと思います。

「いやいや私はリクライニングチェアを使用してますよ!」という方もいると思いますが、どちらでもヘッドマッサージ・ドライヘッドスパ を行う上で、問題はありません。

当スクールでは、ボディセラピストさんやエステティシャンの方、施術業の方ももいらっしゃいますので、あえて折りたたみ式のベッドでヘッドマッサージを指導しています。

でもヘッドマッサージを受けているお客様には、できる限りリラックスして楽な姿勢で受けて欲しいですよね?

だからこそ、そんな方のために折り畳みのフラットなベッドをリクライニングチェアにようにする方法をお伝えしていきたいと思います。

なぜヘッドマッサージの際はリクライニングの状態が良いのか?

 

まずリクライニングチェアって、本当に座っているだけでリラックスできますよね。

なぜフラットなベッドよりもリクライニングチェアがいいのか?というと…

実はフラットのベッドで仰向けで横になることは腰痛がある方やなで肩の人、妊婦さんなど、動きに制限が出てしまう人などには、辛いケースがあります。

だから、フラットではなく体の曲線がある方が人間にとって楽な姿勢になるのです。

代表 稲垣
代表 稲垣
個人的に好きなのは、「肘置き」や「オットマン(足置き)」何ですが… 

リクライニングチェアは、人間工学に基づいて設計デザインされている商品が多いので、当然のことながら人間の構造上の観点から楽な姿勢になるようになっているんです。

だからこそ施術する際は、お客様には楽な姿勢でゆったりヘッドマッサージを受けていただきたいですよね!?

実は当スクールの直営店舗「頭のほぐし専門店 うたたね庵」では、リクライニングチェアもあるのですが、コースがボディマッサージコースもあるため、どうしてもフラットの整体ベッドで行う必要がありました。

でもヘッドマッサージだけを受ける時は、リクライニングチェアをご要望されるお客様の方が圧倒的に多かったです。

だから何とかしてフラットのベッドでもリクライニングの状態にできないかと思い、試してみたら、とても大好評!!

…だったので、今でもお店で使っているアイテムを紹介させていただきます^^

リクライニングチェアに近づける3つのアイテム

 

  1.  腰から背中・頭まで傾斜をつけること(背もたれクッション)
  2.  足を高くすること(フットピロー)
  3.  肘置きを置くこと(アームピロー)

この3つの要素を実現すると…折り畳みのフラットベッドでも以下↓↓↓のようなリクライニングチェアとほぼ同様の姿勢を作ることができます。

結局、大事なことは体を少し“くの字”に曲げることがポイント

だから最低でも❷の足を高くすることだけは必須条件!

お客様によっては、この3つとも使用する方もいますし、腕のクッションは要らないというお客様もいらっしゃいますので、もし要らないのであれば外せばいいです。

最低❶❷の2つのアイテムは外せないです。
3つあった方がベスト!

また妊婦さんでお腹が大きくなってきた場合、本来、仰向け(フラットベッド)での体勢は辛い姿勢になるのですが、このクッションを使うことでだいぶ楽に仰向けでも施術を受けることができます。

ただ妊婦さんは長いコースで60分以上は多少なりともお腹に負担がかかってくるので、それ以上は控えてください。

この3つのアイテムの注意点

 

❶の背中に傾斜を作るクッションが柔らかいのはNG!

クッションが柔らか過ぎるとヘッドマッサージを行う際に沈みやすく、やりにくい時があります。ですので腕を乗せただけで沈むぐらい柔らかいクッションはNGになります。

❷の足を高くするクッションも高めと低めの両方あるとベスト!

これはお客様の好みがあります。

脚の高さは、高いのを好まれる方の方が多いですが、時に低い方がいい!という方もいますので、できれば高いのと低いの両方がある方が対応しやすいです。

…ということで本日は折り畳み式の施術ベッドをリクライニングチェア見たくするアイテムを以下でご紹介致しました。

紹介したクッションの購入先のご紹介!

 

ぜひぜひ当スクールの直営店舗「頭のほぐし専門店 うたたね庵」でも使用している3つのアイテムが欲しい!という方は、以下から購入できます。

少しでも今以上にお客様にリラックスして欲しい!…と日々感じている方はぜひぜひ取り入れてみて下さい。

必ずお客様は喜びの声をいただけます!

❶ 腰から背中・頭まで傾斜をつけること(背もたれクッション)
※クッションは固めで、裏地が滑り止めがついているところが他には無い!

❷ 足を高くすること(フットピロー)
※高い方

※低い方

肘置きを置くこと(アームピロー)
※クッションはちょうど良い固さで、裏地が滑り止めがついている!

それでは本日は以上になります。
もし良かったら励みになるので「いいね!」↓お願いします!