management

【開業前に知っておくこと】休業日を「不定休」にしていませんか?

代表 稲垣
代表 稲垣
こんにちは!ブレインヒールヘッドカレッジ 代表の稲垣です。本日は …休業日を「不定休」にしていませんか?についてお伝えしていきます^

自宅サロンを開業されている方で多いのがサロンの休業日を「不定休」にされている方。

開業する前にお休みをどうするか迷う内容だと思いますが…

当初はお客様が少ないし、他の用事や子供の行事もあるので…と思い、とりあへず「不定休」にしてしまう方。

もちろん「不定休」は運営側からすれば、好きな時に好きなように休めるし、縛られない…!…という点で利点が多いのが良い点!

ただ「不定休」するか…しないかは以下の点で判断しすると良いと思います。

それは…

もしあなたが毎月の売上が、これだけは欲しい!というはっきりとした目標があるなら、「不定休」はやめた方がいいです。

毎月の売り上げ目標が無いのなら「不定休」でいいです。

 

 なぜ「不定休」をやめた方がいいのか?

 

まずは単純にお客様の立場で考えてみて下さい。

明日の予約を取ろうと思った時に「不定休」と表記してあるだけで、明日やっているかわからない…という1つの障害(壁)ができてしまいます。

仮にそれで連絡を取ってみて、やっぱり予約が取れなかったら…どんな気分ですか?
ガッカリしますよね。

「まぁ1回目はしょうがないかなぁ〜」と割り切り、2回目もトライしてみらた…また休みだったら…。

あなたは、3回目の予約をしますか?

よっぽど評判や期待が高いサロンだったら、諦めないかもしれませんが…。
かなりテンションは下がりますよね。

だから「不定休」というのは、お客様に取ってマイナス面しかない情報なんです!

 

 「不定休」は、不親切!

 

定休日を表記することは、全て「お客様」のためなんです!
生徒さん
生徒さん
「でも… 毎週確実に固定で営業できる曜日は設定できないんです…」

…という声が聞こえてきそうですが、

代表 稲垣
代表 稲垣
いやいや、それでも固定曜日を設定して下さい!

お客様にとって「定休日:◯曜日」って書いてあった方が、どれだけ助かるでしょうか?

いつ休むかわらからないサロンより、休みがわかっているサロンの方がとても親切なサロンです。

生徒さん
生徒さん
「でも副業から始めようと思っており、平日は営業できる日が確定できいないですし、比較的土曜なら営業できて、日曜日は家族で過ごしたいので…営業日数も少ないし…」

だったら「土曜日のみ営業」でもいいし、平日が確定できなくても可能性がある曜日を出しておく方がよっぽど親切です。

代表 稲垣
代表 稲垣
例えば…「不定休」よりも「火・木・土曜  10~16時営業」としてあった方が、明確でわかりやすいと思いませんか?これならお客様も諦めが付きます!

「不定休」は、広く受け皿を広げてできるだけ柔軟に対応できるように思えますが、お客様から見れば、決してそんな良いようなものではありません。

どうしてもサロンに来たい人は、表記してある営業日に時間を作ってでも来店します!

また仮にあなたが営業日と表記してある火曜日に子供の行事が入っていたら、そこは「満員(受付終了)」としておけば良いのです。

お客様に後ろめたさを感じて「不定休」にするより「土曜日のみ営業」の方がよっぽど、お客様に寄り添っています。

肝心なことは「お客様に定休日を覚えてもらえること」がよっぽど大事なのです!

覚えて貰えるようになったらサロン運営として、認知度が上がってきた証拠です。

 

売り上げ目標が達成しやすくなる

 

冒頭に売り上げ目標がはっきりある方は定休日を決めること!とお伝えしましたが…

これは定休日をはっきりさせること(営業日を決めること)で、月の営業日数が決まります。

そこから逆算して1日〇万円の売り上げが必要だから1日何人必要…と言う計算ができます。

それにより【明確な数字が見えることで目標が達成しやすくなります】

数字というのは不思議ですが、具体的に数字を明確に意識することで、その数宇に近い結果が出ますが…

「何となく…これぐらいの売り上げ」と、ぼんやりとしか数字を意識していないと、絶対に目標は達成しません。

だから目標を達成するには「きっちりと毎月何日営業するか…」という具体的な数字を意識することが大切になります。

効率的に予約が入る

 

定休日をはっきりさせることで、予約を集中させることができます!

例えば…今週は4人から予約が入った場合に週4日営業でする場合、当然予約にばらつきが出ますが、選択肢の少ない週2日のする方が集中して予約が取れます。

もちろん、週2日だと選択肢が減ることで予約ができない可能性もありますが…

「不定休」にして1日1人だけの日もあるし、3人の時もあるし、無い日もある…という状態で何となく営業するよりも…サロン運営をする側からすれば、より効率的に時間を使えます。

特に副業で行う予定の方でしたら、変に「不定休」にする必要はありません!

サロン運営は時間の使い方も大切になってきますので、メリハリを持つ意味でも「定休日」を一度考えてみてください^^

ということで、本日は上記の4つの理由から「不定休」よりも「定休日」表記をおすすめする理由になります。

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます

良かったら「いいね!↓」を宜しくお願いします^^