ふれ愛ヘッド®チャンネル

【動画レッスン】(後編)親子で行うヘッドマッサージ「ふれ愛ヘッドタッチ®」動画講座

こんにちは!稲垣ふみです^^

 

校長 稲垣ふみ
校長 稲垣ふみ
さて本日も…昨日からの続編で「触れることの大切さを伝えたい!」ということで、約1年前に撮影したレッスン動画をお伝えしていきます。 

その動画とは…『親子で行うヘッドマッサージ!ふれ愛ヘッドタッチ®(後編)になります!後編は主に頭中心を行なっていきま〜す!^^

この動画は、親子でヘッドマッサージをやり合いできるために作った手技になります。

親子でヘッドマッサージを行うことで、子供としっかり向き合える時間を作り、そしてスキンシップ(触れ合い)を行うことで、「思いやりホルモン」と呼ばれるオキシトシンを分泌させることで、親子の絆を深めるきっかけとなると思っております。

ぜひ小さいお子さんがいる方は、参考にご視聴をいただければと思います。
それでは、ぜひ楽しみながらご視聴ください!

【動画目次】
0:00 工程1:頭の後ろのまっさーじ(後頭部)
2:55 工程2:頭のてっぺんのまっさーじ(頭頂部)
4:00 工程3:おでこのまっさーじ応用編(前頭部)

(前編)はこちら▼▼▼

動画での会話内容のテキスト化

 

■ 1工程目の頭の後ろのまっさーじ(後頭部)

手のひらで後頭部を引き上げる手技になります。
頭を縦に割った、右側と左側、左右両方行います。
利き手が右手の場合は、右側をまず引き上げていきたいと思います。

では、横に向けた方が分かりやすいので横に向けますね。
半分、中心で割った右側だけ行っていきます。

後頭部ってちょっと出っ張っているんですね。
そこに手のひらの手根の下の部分を下に引っ掛けて、上にあげると、凄く引き上がるのでやってみましょう。
髪を半分に分けてあげると、髪を踏む事無くすることが出来ます。
右手に後頭部を付けて、支え手はおでこ、生え際の所にすると良いです。

後頭部に手を当てたのが1。
体を使って上に止まるところまで上げるのが2。
キープしたままゆっくり体を起こすのが3。
4でふわぁ~と緩めていきます。

子どもさんがママさんにする時は、通常の手つきが辛いかもしれないので、その時は、小指側の側面で引っ掛けてあげると良いと思います。

小指側の側面で引っ掛けても上に上げれますので、どちらも試してみて下さいね。
左側も右手(利き手)で出来ますので、その時は、体の位置ををずらして左側に当てると出来ます。

■ 2工程目の頭のてっぺんのまっさーじ(頭頂部)

頭頂のヘアーバンドで当てるラインを両手でトントン優しくタッピングしていく技術になります。
ポイントは、小指の側面の所だけで、優しく手のスナップで当てると良いです。
これが手のひらの部分まで当ててしまうと、チョップになってしまうので気を付けて下さいね。

耳の上から行っていきます。
耳には当たらないように右、左軽くトントン…
あとはランダムな感じで大丈夫です。

最後に頭頂で手をポンポンポンッと軽くしたら優しく軽擦をスーッと首→肩→腕と抜けていきます。
とっても良いですね、これも簡単なので試してみて下さいね。

■ 3工程目のおでこのまっさーじ応用編(前頭部)

前頭筋の応用編を行っていきたいと思います。
右と左の眉毛の上に手を置いて下さい。
後ろに左手、支え手を当てます。
利き手が右の場合は右手で行います。
髪の下からピタっと当てて。

手を当てるのが1。
体を使って天井に向かって引き上げるのが2。
キープしたまま体を起こすのが3。
4で緩めます。

左側も同様に行ってみましょう!
ママと一緒に触れ合いながら出来るのがとっても気持ちいいので、試してみて下さいね

それでは2日間連続で動画レッスンを配信したましたが、いかがでしたでしょうか?
お子さんでも簡単にできるように極力シンプルな手技にしております。

気持ち良さも大事ですが、その触れ合っている時間を作るということが一番の目的になりますので、ぜひぜひ親子のスキンシップのきっかけにしていただければと思います^^

それでは以上になります!
良かったら「いいね!↓」をよろしくお願いします!

これからどんどんヘッドマッサージやセルフケアなど「触れること」に関する動画も発信していきますので、チャンネル登録も宜しくお願い致します^^

稲垣ふみでした!!